NEWS

NEWS2019.10.28

第11回 販促会議企画コンペティションにて、小林 優介がゴールドを受賞

 都内で開催された「第11回 販促会議企画コンペティション(以下、販促コンペ)」にて、博報堂アイ・スタジオ社員の小林 優介が、ゴールドを受賞しました。

 販促コンペは、協賛企業から出される商品・サービスのプロモーションについての課題を受け、解決策となるアイデアを企画書形式で募集するコンテストです。

 小林が応募した企画「昼過ぎトリートメント」は、株式会社サンギの歯磨き粉「アパガードディープケア」のサーバーを、オフィスや商業施設等の化粧室に設置するというアイデア。「アパガードディープケア」は、虫歯予防はもちろん、エチケットとしてルーティン化した歯磨きから「歯の美白/美容」としてのお手入れへと差別化を図った商品です。ターゲットである「働く女性」に気軽に商品を試してもらい、肌や髪のように歯にも美容の意識を向けさせその後の購買につなげるのが小林の企画の目的です。

 受賞の要因は、現実性、実現可能性、創造性の求められる3つの資質すべてを包括していること。中でも女性審査員が絶賛した現実性の評価が特に高かったことです。


【受賞情報】

AWARD名   :販促会議企画コンペティション
企画募集企業名:株式会社サンギ
課題     :“歯にもトリートメント”に共感し、「アパガードディープケア」を購入したくなる企画
制作者    :小林 優介(博報堂アイ・スタジオ)
企画名    :昼過ぎトリートメント
受賞名    :ゴールド


【販促コンペ 受賞作品一覧】

https://hansoku.co/awards

【販促コンペ 公式サイト】

https://hansoku.co/

NEXT

初の試み、被災地の中学生が自ら染めたパーツを使って作る 「チャリティー年賀状 デザイン教室」10月31日に開催〜 中学生が準備段階から体系的にデザインを学ぶ授業、いよいよ完結 〜

2019.10.24