NEWS

NEWS2019.12.12

2019年度 ADC賞にて、当社が制作に携わった「Buddience」が入選

 2019年度 ADC賞にて、博報堂アイ・スタジオが制作に携わった仏像のお顔の表現を科学するプロジェクト「Buddience(ブディエンス)」が入選しました。

 本アワードは、アートディレクターの専門的職能を社会的に確立、推進するために設立された「東京アートディレクターズクラブ」主催のもので、その年度の優れた広告・デザイン作品を選出する賞となっています。

 今回入選したBuddienceは、奈良大学の学生が“仏像の顔貌分析”という新しいアプローチで日本の歴史に挑んだ仏像のお顔の表現を科学するプロジェクトです。
ユーザーがアップロードした画像の表情を顔認識AIにより数値化し、仏像216体の中から、自分に近しい表情の仏像をみつけられます。今まで歴史や仏像に興味がなかった方にも、仏像の“顔貌”を分析する学びの楽しさを気軽に体験していただけるツールとなっています。

Buddience_1.png

【受賞情報】
AWARD名 :2019年度 ADC賞
広告主   :奈良大学
企画・制作 :博報堂アイ・スタジオ
受賞作品名 :Buddience 仏像の顔貌を科学する
部門名   :オンスクリーン部門
受賞名   :入選

■東京アートディレクターズクラブ公式ページ
https://www.tokyoadc.com/new/

■Buddience
https://www.nara-u.ac.jp/buddience/

NEXT

博報堂アイ・スタジオとau損保が業務提携 テクノロジーでアウトドアライフをサポートする 「TREK TRACK」と損害保険が一体となった新サービスを提供開始

2019.12.05