NEWS

NEWS2020.03.09

第23回文化庁メディア芸術祭にて、「Buddience 仏像の顔貌を科学する」がエンターテインメント部門で新人賞を受賞

 第23回文化庁メディア芸術祭にて、博報堂アイ・スタジオが制作に携わった「Buddience 仏像の顔貌を科学する」が、エンターテインメント部門で新人賞を受賞しました。

 文化庁メディア芸術祭は、文化庁メディア芸術祭実行委員会が主催するメディア芸術祭で、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的として、1997年から始まりました。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの 4 部門で世界中から作品を募り、優れた作品に文化庁メディア芸術祭賞を贈賞するとともに、これらを広く紹介するために受賞作品展を開催しています。
 今回の応募作品総数は国内外から3,566作品、エンターテインメント部門では390作品の応募がありました。

Buddience_DigitalImages_01.jpg

【受賞情報】

受賞作品名:Buddience 仏像の顔貌を科学する
広告主  :奈良大学
広告会社 :博報堂
企画・制作:博報堂アイ・スタジオ/Microsoft Japan Co., Ltd./Panorama inc.
部門名  :エンターテインメント部門
受賞名  :新人賞

■文化庁メディア芸術祭 受賞作品ページ

https://j-mediaarts.jp/award/single/buddience/

NEXT

博報堂アイ・スタジオ、「People Thinking Lab」を アートとテクノロジーを通じて未来社会を考える祭典「未来の学校祭」にて展開 <2020年2月20日(木)から5日間開催 場所:東京ミッドタウン>

2020.02.17