NEWS

NEWS2020.10.14

標識(サイネージ)を通して未来を考える「Next Signage」が「サイエンスアゴラ2020」のキービジュアルに採用

 博報堂アイ・スタジオが2019年にアルスエレクトロニカフェスティバルで実施したプロジェクト「Next Signage(ネクストサイネージ)」が、科学技術振興機構が主催する科学技術展「サイエンスアゴラ2020」のキービジュアルとして採用されました。 

 サイエンスアゴラ2020は、「LIfe」をテーマに、私たちの生命や生活、人としてのありかたと、科学技術の接点について考えを深める場として、2020年11月15日(日)〜22日(日)の8日間(プレアゴラ期間の13日(金)、14日(土)を含めると10日間)、オンラインで開催される科学と社会をつなぐ日本最大級のオープンフォーラムです。

 今回採用されたNext signageは、標識(サイネージ)というインターフェースを通して未来を考えるプロジェクトです。「電気自動車の普及率が今よりも格段に増えた時」「人の記憶をアップロードできる技術が完成した時」など、今は実現していない技術が当たり前に存在する情景や、その時に発生する感情に思いを巡らせ、標識のデザインとして表現することで、論理的な思考では導けない発見が得られることを狙いとしています。また、サイエンスアゴラ2020にむけて、Next Signageの考え方を応用した、未来の風景にある標識やマークを想像するコンテスト「未来のマークをつくろう」が開催され、当社のアートディレクター/デザイナー河野洋輔がコンテストのチュートリアルおよび審査員を務めます。優秀作品は賞状が授与され、日本科学未来館にて展示されます。


【サイエンスアゴラ2020 開催概要】

日  時:2020年11月15日(日)から22日(日)
※13日(金)・14日(土)は、プレアゴラとして関連企画を実施
開催形態:オンライン開催
主  催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
参 加 費:聴講無料(一部、材料など参加者にて用意いただく企画があります。通信料は聴講者のご負担となります)
参加方法:オンデマンド配信と事前登録制(事前登録のない方はYouTubeでのライブ配信ならびにアーカイブのオンデマンド配信をご覧ください)
https://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/2020


【コンテスト「未来のマークをつくろう」について】

応募方法:
・はじめに、サイエンスアゴラ公式Twitterアカウントをフォローしてください
・1作品につき、下記の3つを1セットとしてお申し込みください
 ①マークをつくる
 ②作品アピールコメント(120文字以内)を書く
 「○○が普通になったら△△を知らせる必要があります!」など、あなたの着眼点のスゴさやユニークなアイデアを教えてください。
 ③応募用ハッシュタグを入れる
 上記2つのほかに「#未来のマーク」「#サイエンスアゴラ」をつけてツイートしてください。

応募締め切り:
2020年11月1日(日)22:00(投稿完了)

応募条件:
・1作品につき1投稿です。何作品でも投稿できます(同一作品は1投稿のみとしてください)
・ 高校・専門学校・高専・大学・大学院の、生徒・学生が応募できます
・ サイエンスアゴラ公式Twitterアカウントをフォローしてください

詳しくはWebサイトへ:https://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/information/2020/future-icon.html

agora.png

agora2.png

NEXT

コロナ禍のニューノーマルな生活様式の変化を捉えUXを設計 クライアント企業の事業の最大化と効率化に寄与 〜 アイレップと推進する「SEOとWeb制作 らくらくおまとめパック」に技術提供 〜

2020.10.12