気持ちのいいビジネス。
<br>その起点になれ。

現在はどのような仕事を担当されていますか?

プロデューサーとして働いています。僕が所属している部は、顧客体験を軸にサイトやサービスを設計する特色を持っています。そのなかで僕が担当しているのは、基本的に大規模なコーポレートサイトの提案業務です。提案で僕たちが獲得した案件を制作チームに渡すことで仕事のサイクルを回しています。博報堂アイ・スタジオ(以下、アイスタ)に仕事を持ってくるのが、僕の仕事です。

仕事をするうえで、心がけていることを教えて下さい。

案件を獲得するために、クライアントに十分なヒアリングを行い、目的にあう制作物を提案することを大切にしています。これを妥協せずに行うことで、クライアントだけじゃなくアイスタにとっても満足度の高い仕事ができるんです。 プロデューサーの役割って、クライアントと接点を持ち、仕事の基盤やプロジェクト環境をつくることだと思っていて。僕は主に提案フェーズを担っていますが、制作フェーズまでイメージして制作メンバーが気持ちよく仕事ができる環境をつくる必要がある。いざ案件を獲得したとき、クライアントの要望を達成するだけではなく、いかに効率的に制作するか。提案時点でこの合意をとっておくと制作メンバーが楽になりますし、何よりも収益を守ることにつながります。だからこそ、事前に十分なヒアリングを行うことが重要なんです。

全社イベントの司会。こういうとこで目立ちたい。

イベント案件を担当した時のプロジェクションマッピング。

会社に飾ってある自分の3Dフィギュア。めちゃくちゃ似てる。

受け継いだマインドが、
<br>自分のスタイルになった

「仕事を獲ってくる」というマインドを強く感じますが、それはいつから持つようになりましたか?

THイズムによるものが強いですね(笑)。僕は2年目から3年目の終わりまでの2年間、TBWA\HAKUHODO(以下、TH)に出向していたんですが、そこで自発的に仕事を獲る精神を学びました。THはやはり広告代理店なので、能動的に仕事を獲ってこなければ、明日から仕事がなくなるかもしれない、という緊迫感があったんですよね。THでは、与えられた時間をもとに一人ひとりに売上目標が定められているところに、アイスタとの違いがありました。アイスタだと、若手社員ということで周りの先輩方も大目に見てくれるけれど、出向すると中途社員と同じレベルで売上をあげることが期待される。仕事を獲ってくることと、売上を重視することに対して敏感になったのは、TH出向があったからこそですね。

2年目でその環境はかなり厳しかったと思いますが、どのように乗り越えていったのでしょう?

アイスタの1年目に所属していた部署で学んだことが大きかったと思います。その部署は、いわゆるスペシャリストが多かったのですが、特に「適応力おばけ」の先輩から受け継いだマインドが役立ちましたね(笑)。 その先輩は、どうしたら相手が気持ち良くなるかを常に考えて動くことで、どんなチームでもムードメーカーとして馴染んでいて。それが結果的に、プロジェクトを円滑にまわすことに繋がっていたんです。 そのマインドを念頭におくことで、THの環境に適応できたんじゃないかなと思っています。 あとは持ち前の素直さで、「わからないことは聞く。同じことは聞かない。」を心がけることで信頼を得られました。「素直さ」に関しては、その先輩から「素直だからこそ、成長できたところが大きかった」と褒めていただいたことがあったんです。挫けそうになったときは、いつもその言葉を思い出して踏ん張りました。 こうして思い返してみると、持ち前の「素直さ」と先輩から学んだ「適応力」、そしてTHで学んだ自発的に仕事を獲る精神から、今の僕の仕事のスタイルが生まれたんだと思います。

「仕事を獲る」から、
<br>「ビジネスを創る」へ。

今後やっていきたい仕事を教えて下さい。

会社として、新しいビジネスの型を創っていきたいですね。博報堂グループの一制作会社としてだけではなく、クライアント直案件の仕事でも、デジタル制作会社としての業界の立ち位置を確立したい。そのために、まずはアイスタの価値をどう伸ばしていくのか、模索していきたいと思っています。まだまだ実力が追いついていないので、僕にとって挑戦ですね。

今後の目標は何ですか。

チームを率いたいです。これまでは個人として売上をあげることを考えてきましたが、これからはチームとしてどう売り上げていくかに挑戦していきたいです。チームで売上をあげることは、小さい会社を持つことと似ていると思っています。“アイスタの価値”もチームマネジメントの先に見えてくるような気がしていて。 なかなか、5、6年目の若手社員が、チームを率いることってできないと思うんですよ。でも、アイスタならそれができる。このスキルを早くから身につけられる会社にいることは、自分の成長に繋がると思っています。